蜂駆除には専門的な知識が必要になるためプロの業者に任せてみよう

蜂の駆除で困ったら

作業員

短期間で駆除してくれます

毎年、夏や秋というのは、蜂による被害が急増します。酷い時には、蜂にさされて一時、意識不明といったことも起こります。そんな蜂について、どうにか退治したいと悩んでいる方、蜂の巣退治を専門にしてる会社があります。蜂の巣というのは、家の天井裏等、雨風がしのげる様々な場所にできます。こういった蜂の巣は、大きさも大きくなることがあり、退治するのが大変です。退治専門会社では、業務用の強力な殺虫剤や、保護ネット、保護服を使って、短期間で蜂の巣の退治を行ってくれます。蜂の巣の位置特定調査から始まって退治が完了するまで、だいたい1週間程です。家への影響が最小限になるように退治してくれるので、壁や天井が傷むといったトラブルも無いです。

下調べ調査が大事です

蜂の巣退治で大事なことは、家のどこに蜂がいるかどうか調べることです。一か所なのか、複数個所なのか見極めることが大事で、見極め損なうと、駆除失敗してしまいます。その為、下調べ調査がとても重要になってきます。まず、蜂の動向を観察します。どのルートを通るか、どこに集まっているか、どこに出ていくかといったことを調べて、蜂の入口、出口なる位置を特定します。この入口、出口が、複数ヵ所に分かれていることもあるので、慎重に、何日か蜂の動向もモニタリングします。モニタリングとしては、小型の定点カメラを用いるのが最近の主流です。こういった調査を数日行い、入口出口を完全に特定して、それらを一斉に塞いで、退治を行っていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加