蜂駆除には専門的な知識が必要になるためプロの業者に任せてみよう

虫の駆除に関すること

ハチの巣

個性を把握して撤去する

住居に知らない間に形成されたハチの巣を除去する場合には、まず除去に関する基本的な事項を把握しておく必要があります。ハチ退治を行なう上で一番頭に入れておかなければいけない知識は、ハチの種類によって攻撃性が異なっていることです。攻撃性の強い虫ほど、巣を除去するときに激しく攻撃をして除去の阻害をするために、虫の種類をしっかりと把握することが、除去の根本的な特徴です。日本に多く生息して各地に巣を形成するハチの中でも、特に攻撃性が高いことで知られているのがスズメバチです。巣を撤去される場合だけでなく、身の危険を感じた場合にも攻撃を仕掛けてくることがあるので、しっかりと防護をして撤去を行うのが基本的な方法です。

日を選んで実行する

ハチの巣を自分で駆除しなければいけない場合には、考慮しなければいけないことがあります。それは風の弱い日を選択して、退治を行なうことです。なぜ風の弱い日がハチ退治に向いているのかといえば、ハチの巣を撤去する場合には、まず周囲に飛んでいるハチを退治する必要があるからです。しっかりと退治をしておかないと、巣を撤去する際に、ハチが激しく攻撃をしかけてくる危険性が高いので、殺虫スプレーなどを使用してできるだけ飛んでいる虫の数を減らしておく必要があります。屋外でスプレーを使用する際に大きな障害になりうるのが風です。特に強い風が吹いている場合には、スプレーが風に流されて効果が弱まるので、風のない日を選んで退治をする必要があるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加